▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ない


▼脱毛情報:フラッシュ脱毛なら肌へのダメージが少ないブログ:15年08月15日


僕は子どもの頃、音痴と言われ、
歌の恐怖症になった。

「蛍の光」「仰げば尊し」「君が代」に至るまで、
僕は歌ったことがない。
みんなの歌声に合わせて、クチをパクパクさせるだけだ。

コンプレックスはとうに通り過ぎ、
僕は歌うこと自体が恐ろしかった。

そんな僕に小学生の孫ムスメが言う。
「僕、おばあちゃんの歌、聞いた事がない」

胸がドキリとした。
僕は話を逸らそうとしたが、そうはいかない。

「あばあちゃん、何か歌って」と何度もせがむ。
どうしても、僕の歌を聞きたいらしい。

夫もムスメも、僕が絶対に歌わないことを知っている。
だが孫のためなら何でもする僕…
固唾を呑んで、成行きを見守っている。

…歌ってあげたいが歌えない。
切ない思いで「今日はごめんね、練習しておくから」と逃げた。

「ホントに練習しといてね」
孫ムスメはクチをへの字にして、がっかりしていた。 

僕は、
これまでカラオケに誘われても行ったことがない。

ところが、
ある飲み会の後、強引に連れて行かれた。
クチにマイクを押し当てられるものの、声が出ない。
ただ、ひたすら聞くだけだ。面白く無い…
やっぱり来なければ良かった。

その時、ふと思った。
ここに居る、あの人も、この人も、
大して上手いとは思えないが平気で歌っている。

あの天真爛漫さ、勇気は何処から湧いて来るのだろうか。
羨ましい…僕もあんな風に歌ってみたい。

僕は本当に音痴なのだろうか。
子どもの頃、どんな歌を歌って音痴と言われたのかは記憶にない…

ただ「音痴」と言われた言葉だけが、脳裏に焼き付いている。